これまでの歴史

  演劇企画 NAGASEの前身となる『半永久企画』は、桜美林大学在学時、半永久的に表現を上演するべく永瀬のプロデュース団体として活動開始。主な公演に募集型オムニバス公演「軋む歯車」にて360度2階建て舞台を建設し公演を行う。一度は解散をし、紆余曲折を経て永瀬が企画制作・上演を再び行うために名前を一新し2021年再結成。「表裏」をテーマに人間の汚さに潜む美しさを追求した作品の企画、上演を目指す。


メンバー

永瀬 巧真
(TAKUMA NAGASE)
劇作家/俳優


夏七美
(Kanami)
俳優


大内 花音
(Oouti kanon)
制作


熊倉 由香
(kumakura yuka)
衣裳

活動について

2019・半永久企画プレゼンツオムニバス企画「軋む歯車」
2020・集え!演劇向上委員会 第2弾「非日常を体験しようの会」
・永瀬Animal Happy Land 本公演「二色の紫陽花」
2021〜演劇企画 NAGASE活動開始〜
・公式サイト オープン
2022・オムニバス式ラジオドラマ「カモメが鳴いている港より」
 4月『宇宙交信』作/演出 [中山 美里/もじゃもじゃ](予定)
・演劇企画NAGASE 第1回公演 「朧月」
2023・演劇企画NAGASE 演劇公演 2023(予定)作/演:永瀬 巧真
*前身団体/今後の活動を含む

PAGE TOP